浮世絵コンシェルジュ 畑江麻里

「俺たちの国芳 わたしの国貞」レセプション展

Bunkamuraザ・ミュージアム「俺たちの国芳、わたしの国貞展」のレセプションに行って来ました。

オープニングには、この展覧会の音声ガイドのナレーターを務めた、中村七之助さんが登場し思わず興奮してしまいました。

幕末期に一世を風靡した国芳と国貞。浮世絵三ジャンルのトップに歌川派の絵師の名前が並んだ、評判記『江戸寿那古細撰記えどすなごさいせんき』(嘉永6年刊)には「豊国にかほ(似顔)、国芳むしや(武者)、広重めいしよ(名所)」と記されており、国貞と国芳の活躍を端的に伝えています。この「豊国」は初代ではなく、三代豊国を襲名した国貞のことです。

現在、歌川派といえば、国芳や広重がまず頭に浮かぶ方が多いと思いますが、当時は国貞を柱として、歌川派の絵師たちは文化文政に続く旺盛な制作活動を繰り広げたのです。国貞はこの二人の絵師よりも生涯に制作した浮世絵は3万点以上と圧倒的に多く、人気も別格でした。

 

歌川国貞

国貞は、10代で歌川豊国(後期浮世絵界における歌川派全盛の基礎を作った絵師。歌川派を創始した豊春門下)に入門し、早くからその才能を見込まれた国貞。文化11.12年(1814.15)、29歳の時に発表した、役者大首絵の傑作≪大当狂言ノ内≫シリーズ(7枚揃)の成功を弾みとして、天保15年(1844)「豊国」を名乗りました。(国貞の前に二代目を名乗った豊重がいるため、現代では一般的に三代豊国と呼ばれます。)人気と実力を兼ねそろえた国貞は、役者絵と美人絵の二大ジャンルを精力的に筆を取り、当時随一の大御所絵師として認識されていたのです。

 

歌川国芳

国芳は、豊国に入門した後、すぐに活躍することができず、兄弟子の国直の家に寄宿しながら模索の日々を送りましたが、文政10年(1827)中国で生まれた武勇伝『水滸伝』に取材した≪通俗水滸伝豪傑百八人之一個≫が人気を博したことにより、武者絵の国芳としての地歩を確立しました。天保末以降、三枚続きの大画面を駆使したダイナミックな構図や、洋風表現を用いた奇抜な表現の浮世絵が注目を集め、天保の改革の取り締まりが緩み始める弘化4年(1847)頃から、役者を動物や器物に擬人化するユニークな表現を確立し、国芳の才能が開花しました。

 

七之助さんの音声ガイドを聞きながら、ボストン美術館の素晴らしい作品を心行くまで堪能してきました。

この日限定で、国貞作品の撮影許可の場所があったので、ご紹介したいと思います。

歌川国貞≪本朝風景美人競≫天保初期頃

「相模江ノ島」「大和吉野」「駿河三保」「陸奥松島」

美人と日本各地の名所を小間絵に描きこんだ揃い物のうち四図。藍摺りの名所の周りには吊灯篭(針金に板ガラスや色ガラスのビーズが装飾されたもの)が華やかで目を引きました。四人の女性全て裸足で描かれていますが、「大和吉野」(中央上)黒頭巾を被った藍一色の着物の女性は寒さに震えているようにも見えます。この女性について、源義経と静御前の切ない別離の場を描いたものではないかとの指摘もあるそうです。

歌川国貞《見立邯鄲》 

透けた団扇からのぞく長い洗いざらしの髪の美人の作品。こちらの女性は、当時人気の女形、五代目瀬川菊之丞の大首絵の可能性もあるそうです。 

「邯鄲」を元にした作品で、藍色の背景にはその物語の情景が描かれています。 

「邯鄲」と聞くと、春信の邯鄲が頭に浮かびますが、国貞の邯鄲は女性がクローズアップで捉えられ、春信のものとはまた違った魅力があります。盧生青年の儚い夢と、小さな蝶を見つめる女性の心情が重ねられ、エモーショナルな美人絵になっています。(「邯鄲」とは、中国の戦国時代、盧生という貧しい若者が邯鄲の宿で仙人に出会い、不思議な枕を借りてひと眠りし、紆余曲折を経て立身出世をする体験をします。すると、店の主人が粟の飯が炊けたことを知らせます。盧生が体験したことは短い間の夢で、彼は出世や栄華も夢のようなものだと悟り故郷に帰っていく、という話です。)

歌川国貞

「松葉屋内 粧ひ わかな とめき」「中万字や内 八ツ橋 わかば やよひ」「扇屋内 花扇 よしの たつた」「姿海老屋内 七人 つるじ かめじ」

「弥玉内 顔町 まつの こなつ」

吉原を代表する五人の名だたる遊女を「ベロ藍」(オランダを通して輸入された化学染料の青で、ベルリン藍の略称。かつてプロシア王国の首都であったベルリンでできた染料で、プルシアンブルーのこと。)の藍色だけで表現された作品です。画面上部に遊女と禿の名前、そして夜桜が表され、禿を引き連れた遊女の道中の姿が見えます。一見、藍一色だけと思いきや、遊女と禿の口元に注目すると唇か紅色になっていました。主に藍色だけですが、衣装や簪など華やかな作品です。

 


歌川国貞 
「江戸町壱丁目 扇谷内 花扇」「角町 大黒屋内 大淀」「角町 大黒屋内 三輪山」
こちらも吉原の名立たる遊女の花魁道中の作品です。先程の作品はベロ藍の藍が中心、画面上部には夜桜が表されていましたが、こちらはフルカラーになり、画面上部には月夜に雁の群れが飛ぶ様子が描かれています。吉原一丁目にある大見世扇屋と、吉原の見番(総合窓口)を務める角町の大黒屋庄六の遊女。「花扇」と聞くと、喜多川歌麿の四代目の花扇が浮かびますが、花扇は扇屋の別格の高級遊女でした。着物の柄もとても凝っていて、画面左の三輪山の衣装は大輪の菊、画面中央の大淀は桜と音曲を奏でる人物、そして花扇は鞠や羽子板が描き込まれていました。 

歌川国貞≪全盛遊 三津の あひけん≫ 
「京嶋原」「江戸新吉原」「大坂新町」 
江戸時代の三大都市、京・江戸・大坂それぞれの遊郭である、島原、吉原、新町の遊女が狐拳(じゃんけんの一種)をしている様子が見えます。画面上部のコマ絵には、狐、猟師、庄屋が描かれているので、「あいけん(あいこ)」となっていることがわかります。コマ絵の隣には、当時活躍した俳諧師の句が添えられていました。 
京は野々口立圃、江戸は宝井其角、大阪は西山宗因 

歌川国貞≪新吉原仮宅之図≫ 
文化13年(1816)火災で吉原が焼失し、浅草周辺の土地で営業が許された臨時の遊郭の様子が描かれています。格式高い吉原とは異なる風情が見られる仮宅。遊女たちの着物の着こなしもゆったりしています。 
画面中央の女性を遠くから見たとき、菊川英山風の顔つきに見えました。