浮世絵コンシェルジュ 畑江麻里

美人画研究会

2017年1月25日(土)美人画研究会を開催しました。

 

今回は私の母校の教授と親しい、帝京大学教授であり某美術館の館長の岡部昌幸先生が会場の手配やご自身のコレクションを倉庫から会場まで運送して下さるなどご助力頂きました。

内容は、1)浮世絵美人画に焦点を当てた、江戸美人のファッション(畑江麻里)、2)大衆雑誌の表紙における美人画の変化(岩崎達也・帝京大学博士課程)、3)美人画論・英国編Ⅰより、デイヴィット・パイパー「英国の顔」とノーブルな美人画(岡部昌幸教授)、という三本立の研究発表を行いました。

 

とある学会誌に掲載されました。

<研究内容>

 

1.浮世絵美人画Ⅰ

 ~江戸美人のファッション~ 畑江麻里

 

2.新制作派協会における美人画

 ―猪熊弦一郎と小磯良平の女性像を中心に― 岩崎達也

 

3.美人画論 イギリス編Ⅰ

 ―デイヴィッド・パイパー『英国の顔』とノーブルな美人画 岡部昌幸教授

 

絵画鑑賞会 

   歴史的画家の未公開・真筆の美人画を鑑賞! 岡部昌幸教授

         

 

 

 

岡部先生の愛弟子であり若手研究者、帝京大学大学院博士後期課程の岩崎さんの研究発表。

新制作派協会における美人画

 ―猪熊弦一郎と小磯良平の女性像を中心に― 

岩崎さんのご発表では、新制作派協会の画家たちの中から、猪熊弦一郎と小磯良平の東京美術学校在学中から戦後まもなくまでの女性像を描いた作品を紹介しながら、自由を謳歌する日本のキャリアウーマンたちを描いた作品を紹介して下さいました。

『婦人画報』や『週刊朝日』に表紙絵に描かれた、理想の美女像についてのお話も興味深かったです。


〜この時代の背景〜

昭和10(1935)年に二科会などの在野の団体を政府の管理下に置くために改組帝展を行ったところ、それまで帝展にいた画家たちが抜けてしまい、昭和11(1936)年に無鑑査制の復活などの緩和策によって、帝展系の画家たちが戻っていきました。これを「帝展改組問題」と言います。この時に帝展を抜け出し、そのまま在野にの団体を作ったのが、猪熊弦一郎、小磯良平などが率いる新制作派協会(現・新制作協会)でした。彼らは「新生活派」と呼ばれ、昭和戦前期・戦後期の一般大衆の生活やレジャーを描いたことで評判を得ました。中でも女性像においては、自由なファッションやお稽古、労働を謳歌する女性像を戦前より描いていました。


 

 

岡部昌幸教授によるご講演。

美人画論 イギリス編Ⅰ

―デイヴィッド・パイパー『英国の顔』とノーブルな美人画 

 

顔にこだわる英国人気質と、ノーブルさが感じられるサージェントの絵画などを取り上げ、最後に、岡部先生が撮影されたデイヴィッド・パイパーの美人画の作品解説をして下さいました。

 

 

 

絵画鑑賞会 

   歴史的画家の未公開・真筆の美人画を鑑賞! 岡部昌幸教授

 

懇親会は同じ拓殖大学の展望ラウンジに場所を移し、岡部先生の所有される額装された、小早川清の美人画≪落花≫を鑑賞させて頂きました。

この日の為に、岡部先生がトラックを手配して、学生たちと一緒に会場まで運んで下さいました。