浮世絵コンシェルジュ 畑江麻里

 · 

美人画研究会 美術館ツアー

2018年3月11日(日)に美術館ツアーをしてきました♪

1)世田谷美術館「パリジェンヌ展」

2)静嘉堂文庫美術館「歌川国貞展」

https://bijingakenkyukai.jimdo.com/

 

パリジェンヌ展

18世紀、文化の発信地となったパリ。その中心となったのが、常に時代を引っ張り最先端を行くパリジェンヌ達でした。彼女達は文化人のサロンを開き、さらにマリーアントワネットをはじめとする皇妃達のファッションが多くのトレンドを生み出します。そして時代が下ると、今回の展覧会の目玉のマネをはじめ印象派の画家たちの絵の主題にもなっていきます。芸術家たちのインスピレーションを刺激し、多くの傑作を生み出したパリジェンヌ。この展覧会では、18世紀から20世紀のパリという舞台で生きたパリジェンヌ達に様々な切り口からスポットライトが当てられ、絵画・衣装・イラストレーション・写真などからパリジェンヌたちの遷移が楽しめます♪

 

 

18世紀初頭は、ルイ14世の支配するヴェルサイユを中心とする宮廷文化が終焉し、女性達も活躍できる新しい時代の幕開けでもありました。舞台でもそんな女性達が活躍し、頭上高く結いあげた装飾的な「ポンパドールヘアー」と、「パ二エ」で大きく膨らませた華麗なドレスがトレンドのファッションだったことを、当時のドレスや版画(エッチングに彩色)の展示が物語っていました。

また、下火になっていたサロン文化が形を変えて再開し、社交・お遊びの場から知的な女主人によってもてなされる文化的空間となったようで、銀製のティーポットに有田焼の陶磁器などでお茶を飲む文化がはじまりました。(※箱入りのティーセットも展示されていました)

 

19世紀、家庭での女性の役割がよき母親であることに限定されていた時代に、自立する意欲を持った女性たちは「シャリバリ」の風刺がで揶揄されました。子供に本を読む母親、刺繍をする女性、といった母性礼賛の絵画が並んで展児された後に、何かを作っていて子育てがおろそかになっている女性やキュロットをはく女性などが批判を込めて描かれたリトグラフが展示されていて、おもしろかったです。

 そんな時代の中、おしゃれなパリの女性たちのファッションは世界中から注目され、憧れのパリジェンヌが確立されていきました。

続きはこちら

歌川国貞展

国貞の美人画について何度も美人画研究会で取り上げているのに恐縮ですが。。

江戸後期の浮世絵師というと葛飾北斎や歌川広重、歌川国芳などが有名ですが、当時の江戸の人達にとっては、「浮世絵師」といったら「歌川国貞(三代豊国)」で、その人気は他の絵師に比べて圧倒的でした。国貞は亡くなるまで精力的に役者絵・美人画を中心にトップランナーとして活躍した類まれな絵師だったのです。

国貞の美人画は当時の人々に好まれたのは、当時の女性達が、国貞の描く女性達に親近感を覚えたから、というのも一つの理由として考えられます。国貞の美人画は、庶民と等身大の女性達や、庶民の憧れの吉原の遊女達の生活の一瞬の表情を捉えた一コマがリアルに描かれているので、彼女達の生活に入り込むような感覚を楽しむことができます。美人達の着物や簪、身の回りの小物なども一つ一つ丁寧にリアルに描かれているのでご注目下さい。

 

 美人画は江戸時代の人達にとってはとても身近な憧れのアイドルのブロマイド・ポスター、ファッション雑誌、広告として女性達の日常の楽しみの一つだったので、私達が読むファッション雑誌と同じ感覚です。

この展覧会では、そんな国貞の美人画が約8年ぶりに公開されている注目の展覧会です!

 

そして、最後に恐縮ですが、美人画研究会でお世話になっているトミーさんが妹の結婚式の前に日比谷公園にて撮影して下さいました。

カメラ技術を習得したいと考えおり、実際に撮影して頂き、とても勉強になりました。こちらに写真をアップしました♪